メール一元管理システム「問いマネ」の導入方法

メール管理システムはネットにつながる環境と転送設定のみのカンタン導入。

トップページ  >  システム導入方法

メール共有システムの導入方法

メール管理システム「問いマネ」お申し込みはこちら
ASPサービスだから出来るスピード導入

通常メールアーカイブサービスやメール管理システムの導入には大掛かりなサーバーの準備やシステムの構築が必要となりますが、問いマネはASPタイプのレンタルサービスの為、お申し込み後すぐにご利用を開始いただけます。弊社の専用サーバーにてご利用いただきますので、よくある「まずはお問い合わせ・資料請求から」という流れや利用環境確認などの手順は必要ありません。

また、お試し期間においても導入時の設備投資リスクが無く、手軽に7日間ご利用できる為、機能や効果を短期間で十分実感いただけます。

問いマネ(ASPサービス)導入時のメリット

導入・基本設定

複数人で使えるシステムなのに、導入はカンタン?

1.お申し込み受け付け・アカウント発行 2.ユーザーアカウントを発行 3.メール共有用のアドレスを設定
利用開始までが驚くほど早い

パソコン毎にシステムのインストールや設定は不要。複数人でご利用になる際は管理画面でアカウントの追加設定を行います。最大10人が同時ログインし作業を行うことができます。
※オプションで10ユーザー以上の追加も可能

設定した共有用メールアドレスに送信されたメールは「問いマネ」の管理画面で受信することができるようになり、登録した全てのユーザーが返信・対応可能になります。

既存のメールアドレスと併用してご利用いただくことも可能です。(メールの一元化方法参照)

メールの一元化方法

共有用アドレス以外に届いたメールも複数人で共有したい!

全てのメールを一元管理可能
メールの一元化は「転送設定」のみ

現在ご利用のメーラーやメールサーバーに共有用アドレスへの転送設定を行うのみで、複数のメールを問いマネで一元管理できます。

送信メールの問いマネへの取り込みは、既存メーラーのCCやBCCに共有用アドレスを指定することで取り込みが可能です。

メール共有が始まると

メール共有だけではなく快適なメール管理環境をつくりたい

メール共有・複数人対応開始
このメール管理のシステム化で、これまで1台のPCや限られたスタッフだけが対応していたメールを、複数人で確認・対応できる様になります。また、メール共有だけではなく安全な領域でのメールバックアップや社内での情報共有としてもご活用いただけます。
部署内 社外 問いマネ導入イメージ 複数人
あとは用途に合わせた機能を設定
  • 10ユーザーまでアカウント発行
  • フィルタリングで設定フォルダで自動振り分け
  • 迷惑フィルタ設定でスパムメール除去
  • メールテンプレート設定
  • SSL対応メールフォーム設定

etc…

「問いマネ」を使ってみたいと思ったら今すぐお申し込み
お申し込み
多店舗展開されているWEBショップの方へ
問いマネは、楽天あんしんメルアドサービスに対応しています