機能紹介・活用例

複数人でのメール共有や管理に特化し、改善と改良を重ね続ける「問いマネ」の機能をご紹介。

トップページ  >  機能一覧表  >  メール共有・管理

メール共有・管理

ウィンドウ表示機能

ページ一番上にあるスレッドの「ウィンドウ表示」のアイコンをクリックするか、「メールを新規ウィンドウで表示する」をクリックすると、メールを別ウィンドウで表示することが可能です。

過去のメールを参照しながら対応できるため、受信したメールに素早く、正確にメールを返信することができます。

ウィンドウ表示機能

過去メール検索機能

受信ボックス、送信ボックス、下書きボックスのメール一覧画面で、過去の全てのメールから指定したキーワードに該当するメールを検索することが可能です。

過去の対応状況を知りたいときなども簡単に検索することができるため、効率的にメール対応を行えます。

過去メール検索機能

重複返信防止機能

同時作業により発生の恐れのある重複返信を防止できます。

通常、受信メールに「新規返信する」ボタンをクリックして返信しようとすると【1】の画面が表示され担当者が決定します。
メールの状態が編集中の場合、【1】画面でOKをクリックすると、重複返信を防ぐため、【2】の警告メッセージ画面が表示されます。

複数同時ログイン機能

担当者割り当て機能

メールごとに担当者を設定できます。ユーザーが複数人いる場合も、誰がどのメールを対応するかを割り当てることができ、受信メールへの対応もすぐに把握できます。

「担当メール」フォルダを確認すれば、自分の対応メールのみを表示できスムーズなメール対応が可能です。

メールフィルタ0を利用すれば、メール受信時にアドレスや件名などから自動で担当者を割り当てることもできます。

担当者の変更やメモを残すこともできるため、ユーザー間でのメール内容の確認作業にも応用することができます。

担当者割り当て機能 担当者割り当て機能

一括処理機能

受信ボックス、送信ボックス、下書きボックスのメール一覧画面で、チェックしたメールを一括して任意のフォルダへ移動したり、状態を変更したりすることができます。

一括処理機能

伝言機能

ログインしてすぐに表示される最初のページにユーザーへの周知メッセージを表示できます。
伝言は「日付」、「担当者」の表示・非表示や、表示件数を設定できます。

一般のメールソフトと違い、「問いマネ」は複数人でログインするため、情報共有も容易に行うことが可能です。

伝言機能

状況対応表示機能

受信ボックス、送信ボックス、下書きボックスのメール一覧画面で、メールの「状態」、「担当者」、「重要度」を表示できます。
「状態」、「担当者」、「重要度」の変更は、メール一覧画面・各メールごとの詳細画面どちらでも行うことができます。

状況対応表示機能

問いマネは、楽天あんしんメルアドサービスに対応しています